新社会人が文房具を選ぶコツ

まずは会社に勤務するとなった際、一般的に文房具を選んでいくコツというものを見ていきたいと思います。

・無難なのはシンプルタイプ
あまりにも高価すぎるアイテムを持っていたり、学生のようにゴチャゴチャ飾りがついたような派手なアイテムを持っているのは、新社会人としてはあまり良い印象を与えない可能性があります。
社風などにもよりますが、できれば目立ちすぎないシンプルタイプを持っているほうが無難ではないでしょうか。
これは文房具に限らず、他のアイテムに関しても同じことが言えます。
もちろん「シンプルなタイプじゃ、物足りない」と思う方もいらっしゃるでしょう。
その場合は会社用と普段用で文房具を分け、会社用文房具は仕事だからと割り切ってシンプルなアイテムを使い、普段用文房具では自分の好きなテイストのアイテムを使うのがよいのではないかと思います。

・持ち歩く量は最低限にする
外回りをする場合など、文房具を持ち歩く場合は最低限の量にしておくのがよいでしょう。
というのも、大量に持ち歩けばそのぶん荷物も重くなりますし、かさをとることからバッグが膨らんでしまうこととなります。
必要以上に膨らんだバッグは、見栄えが悪くなる可能性が高くなるでしょう。
また、パンパンに膨らんだペンケースや大きすぎるペンケースは、子供っぽい印象を与えてしまうほか、ペンなどを出すのに手間取っては容量が悪い人のように思われてしまいかねません。
実際に先方とお会いして商談や打ち合わせを進めていく際、そのような印象を抱かれるのはマイナスになってしまうでしょう。

・必要以上にデスクやロッカーに置きっぱなしにしない
会社によっては、自分のデスクやロッカーが支給されることもあるでしょう。
だからといって大量の文房具を置いておくのも考え物です。
あまりにも物が多すぎると、探すのに手間取るなど、かえって作業効率が落ちてしまいます。
また多すぎるアイテムは、紛失の元となりかねません。
必要ないと思った私物アイテムは持ち帰るなど、必要以上に置きっぱなしにしないようにしましょう。

・会社で支給や備品の用意があることも
会社によりますが、文房具の支給や備品があるケースも存在しています。
あまり文房具にこだわりがないのであれば、入社後に備品となる文房具のラインナップを確認してから、自分個人の文房具を揃えてもよいかもしれません。

🖊名入れボールペンなら即日短納期の名入れペンネット