高級筆記用具を選ぶ(万年筆)

そもそも現代において万年筆というのは、ボールペンに比べて使ったことがある人の数が各段に少ないと思われる筆記用具だと言えるでしょう。
まだ使ったことが無い方にとって万年筆は、非常に注意が必要な筆記用具となっています。
というのもボールペンなどに比べて、万年筆は日常の手入れなどがかなり必要となってくるうえ、手入れをおこたったり、手入れ方法を間違えたりすると、品物自体がダメになってしまう可能性があるのです。

使用方法や手入れ方法はタイプによって異なることから、万年筆購入時は使用や手入れ方法をしっかり確認することが必要です。
また最初の1本は、扱いに慣れるための練習用だと割り切って、手頃な価格の物を買うのもいいかもしれません。

万年筆のインクの補充方法は大きく3種類あります。
手軽で初心者におすすめのが“カートリッジ式”という、カートリッジごと交換するタイプです。
しかしこれでは、その都度インクを交換して色々な種類を楽しむなどは難しいため、慣れた方の場合はインクつぼを使用する“吸入式”や“コンバータ式”などをセレクトする方も多いようです。

他にも万年筆を選ぶ基準としては、ペン先・軸などのさまざまな要素があります。
書き味や握り心地を確かめつつ選ぶようにしましょう。
まずはベーシックなデザインでカートリッジ式の比較的安価なタイプを使ってみてから、他のタイプを試してみるのもよいかもしれません。